2018年08月11日

8月10日の記事





ちょい南無@本栖ミリキャンは、8月20日あたりより募集を開始します。

募集はこちらのブログの右側「メッセージを送る」より受け付けます。


受付には「本栖ミリキャンの申込番号」が必要になります。

ちょい南無とミリキャンの申込が前後する場合は、追ってミリキャン番号の
連絡をお願いします。

詳細は募集をはじめる時に出させてもらいます。




「ちょい南無」スタッフは、だいたいいつもの人たちです。

ちょい南無参加経験者でしたら、見た顔ぶれだと思います。

米軍H少佐、北ベトナムC隊長、そしてこちらのブログは事務員のベトコンA(たまに居る)です。
(このブログのメッセージは、H少佐に直接届きます)

同じメンバーでアホカリプスにも参加してますので、そちらでも見知った方は居るはず・・・。


「軍装でミリキャンだけ参加する」という方も結構居られますが、全く問題ありません!
むしろ、普段のちょい南無では出来なかった参加形態ですので、ぜひお考え下さい。

リエナクターの方は、リビングヒストリー展示になるようにキャンプスペースを
区切ってもらう事も出来ます。このあたりもちょい南無経由でお問い合わせいただいてOKです。

ちょい南無自体は「サバゲとヒストリカルの中間」くらいです。

「え??ヒストリカル?リエナクト?それってなに?」という人こそ、とりあえず
ちょい南無に来て下さい(^ω^




COMMENT: (0) CATEGORY: イベント案内


2018年08月09日

ちょい南無ルール

(このブログ投稿時点でのルールです。追記および変更する場合があります。)




@@@年代設定@@@

ベトナム戦争史で、アメリカとベトナムが開戦した後、アメリカが完全撤退
するまで。




@@@装備規定@@@

銃器、装備、共に、設定年代中で確認されている装備全て。


 @部隊と年代
 モデルとする部隊と年代を参加表明の際に申告して下さい。
 近い装備の参加者で部隊を編成させてもらえるようにします。
 (仲間内で集まりたい場合などは、その旨を連絡ください)

 @銃器
 あるていどの代用品等は大丈夫ですが、M16A2などはご遠慮下さい・・・。
 試作品などの特殊モデルもOKですが、事前にお問い合わせいただいた方が
 いいかも。

 @装備
 ほとんどの代用品可です。
 ベトコンに関しては、ボタンタイプの黒上下ならリップストップでもOKです。
 5m離れれば分からない程度のものは許可・・・。

 @階級
 高い位の階級章を付けている方は、指揮官よりそれなりの仕事が
 言い渡されます・・・。

 @ゴーグル・グラス
 サバゲで使える強度のものをつかってください。出来るだけ派手じゃないものを・・・。



@@@トイガンに関するルール@@@

エアガンの取扱に関して。


 @ガンのパワー
 使用させてもらうフィールドのレギュレーションに従います。
 オーバーして使えないのは寂しいので、余裕を持って調整して下さい。

 @BB弾
 使用させてもらうフィールドで許可されたものを必ずつかって下さい。
 BB弾は各自持参して下さい。支給はありません。

 @射撃ルール
 全ての機種で基本的にセミオートのみとさせてもらいます。
 軽機関銃、重機関銃のみフルオート可能とします。
 短機関銃(サブマシンガン)は、フルオート射撃可能ですが0.12gのみ使用可能とします。

 @マガジン
 ノーマルマガジン(スプリング)のみとします。
 リアカンでなくてもOKです。70連や110連も使ってOKです。
 ノーマルマガジンの場合は、装備する予備マガジン本数に制限はありません。
 多弾数マガジン(ゼンマイ)は禁止としますが、「ゼンマイマガジンしか無い
 場合」のみ、本体に付ける1本のみ許可します。ゼンマイマガジン使用の場合は、
 、予備マガジン装備不可です。(ゼンマイマグ+ノーマル予備マグも不可)
 機関銃は電動巻き上げ等で大丈夫です。

 @予備弾薬
 予備のBB弾をBBローダーやバラ弾でポケットに入れて持ち歩く事は禁止です。
 必ず「鉄製弾薬箱(実物と同じようなタイプ)」に入れて下さい。
 その弾薬箱自体を「補給ポイント」として、部隊長が許可した場合などに使用して
 下さい。部隊で一人が弾薬箱を持ち、他の隊員の予備弾を預かったりしてください。




※他、追記・修正する場合有り


COMMENT: (0) CATEGORY: ちょい南無ルール


何件か問い合わせがありましたので、案内します。


「ちょい南無」は、和歌山県バトルランドにて春先から初夏にかけて毎年
だいたい開催されているNAM装備イベントです。

こちらちょい南無ブログは、そのちょい南無そのものになります。


次回(2019年予定)の和歌山ちょい南無は「もうちょい!南無(予定)」となり、
もう少しヒストリカル寄りの内容になると思います。


他の場所でのスピンオフイベントなどでの出展も「ちょい南無」の名前で
行います。別会場でも現場に居るのはだいたいいつものメンバーです!





COMMENT: (0) CATEGORY: イベント案内



本栖湖のミリタリーキャンプイベントに出張ゲーム開催させてもらいます。

色々なイベント開催で有名な、本栖ハイランドが会場になります。


ちょい南無は、ミリキャンページのサブイベントのところに出てくると思います。

      https://www.militarycamp.jp/


金、土、日のイベントですが、今の所「土曜日」にちょい南無をさせてもらう
予定です。ミリキャンというイベントの中での開催です。
他にも、持ち込みイベントがいくつかあるようです。

上記公式サイトにも順次案内が出ます。



イベント入場費と、ゲーム参加費が別に必要になってきます。

ちょい南無参加費は2000円を予定しています。
ちょい南無主催が現地徴収予定です。参加表明は事前にメール等で
受付させてもらいます。8月末あたりに受付開始予定です。

軍装キャンプだけの方はイベント入場費のみでOKです。
(事前申し込みの場合は入場費5000円でミリキャンが徴収)

ちょい南無2000円だけでの参加は出来ません。

入場費と参加費を足すと、こちらの会場での一般的なサバゲイベントの参加費と
同じくらいになるようになっています。


NAMキャンパーだけでキャンプスペースを集めてくれるそうです!

ミリキャン自体に申し込みの際に「NAM装備野営地で」としてもらえれば、
当日そちらに案内いただけるようです。



ゲーム内容はちょい南無らしく「装備規定よりもロケーションと戦闘!」に力を
入れていこうと思います。



 ※画像:山梨観光ネット
 (http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4614.html

 ※本栖ハイランドは本栖湖には隣接してません
タグ :ちょい南無


COMMENT: (0) CATEGORY: イベント案内


2018年08月05日

ちょい南無

「ちょい南無」とは。



関西で数年前から行われている、NAM戦を題材としたサバイバルゲームです。

装備等のレギュレーションがメチャクチャ緩いと評判です。

「NAM戦」というくくりの殆どのシチュエーションを許容するイベントです。


NAMイベント経験者でしたら「他のNAMイベントで許可される装備」は大体OKです。

NAM未経験の方は、経験者の方かGoogle先生に聞いて下さい・・・。

史実をベースとした映画等でしたらほぼ大丈夫ですが、ウサギの
着ぐるみ等はご遠慮ください・・・。人間のカッコでお願いします。


アレンジや代用品が心配な方も大歓迎!(詳細はルールのカテゴリーで)。

ガチNAMマン(?)の方も、ちょっとした息抜きにどうぞ。






 後援 : BattleLand-1


COMMENT: (0) CATEGORY: ちょい南無(とは)




PAGE TOP