2018年08月09日

ちょい南無ルール

(このブログ投稿時点でのルールです。追記および変更する場合があります。)




@@@年代設定@@@

ベトナム戦争史で、アメリカとベトナムが開戦した後、アメリカが完全撤退
するまで。




@@@装備規定@@@

銃器、装備、共に、設定年代中で確認されている装備全て。


 @部隊と年代
 モデルとする部隊と年代を参加表明の際に申告して下さい。
 近い装備の参加者で部隊を編成させてもらえるようにします。
 (仲間内で集まりたい場合などは、その旨を連絡ください)

 @銃器
 あるていどの代用品等は大丈夫ですが、M16A2などはご遠慮下さい・・・。
 試作品などの特殊モデルもOKですが、事前にお問い合わせいただいた方が
 いいかも。

 @装備
 ほとんどの代用品可です。
 ベトコンに関しては、ボタンタイプの黒上下ならリップストップでもOKです。
 5m離れれば分からない程度のものは許可・・・。

 @階級
 高い位の階級章を付けている方は、指揮官よりそれなりの仕事が
 言い渡されます・・・。

 @ゴーグル・グラス
 サバゲで使える強度のものをつかってください。出来るだけ派手じゃないものを・・・。



@@@トイガンに関するルール@@@

エアガンの取扱に関して。


 @ガンのパワー
 使用させてもらうフィールドのレギュレーションに従います。
 オーバーして使えないのは寂しいので、余裕を持って調整して下さい。

 @BB弾
 使用させてもらうフィールドで許可されたものを必ずつかって下さい。
 BB弾は各自持参して下さい。支給はありません。

 @射撃ルール
 全ての機種で基本的にセミオートのみとさせてもらいます。
 軽機関銃、重機関銃のみフルオート可能とします。
 短機関銃(サブマシンガン)は、フルオート射撃可能ですが0.12gのみ使用可能とします。

 @マガジン
 ノーマルマガジン(スプリング)のみとします。
 リアカンでなくてもOKです。70連や110連も使ってOKです。
 ノーマルマガジンの場合は、装備する予備マガジン本数に制限はありません。
 多弾数マガジン(ゼンマイ)は禁止としますが、「ゼンマイマガジンしか無い
 場合」のみ、本体に付ける1本のみ許可します。ゼンマイマガジン使用の場合は、
 、予備マガジン装備不可です。(ゼンマイマグ+ノーマル予備マグも不可)
 機関銃は電動巻き上げ等で大丈夫です。

 @予備弾薬
 予備のBB弾をBBローダーやバラ弾でポケットに入れて持ち歩く事は禁止です。
 必ず「鉄製弾薬箱(実物と同じようなタイプ)」に入れて下さい。
 その弾薬箱自体を「補給ポイント」として、部隊長が許可した場合などに使用して
 下さい。部隊で一人が弾薬箱を持ち、他の隊員の予備弾を預かったりしてください。




※他、追記・修正する場合有り


COMMENT: (0) CATEGORY: ちょい南無ルール


何件か問い合わせがありましたので、案内します。


「ちょい南無」は、和歌山県バトルランドにて春先から初夏にかけて毎年
だいたい開催されているNAM装備イベントです。

こちらちょい南無ブログは、そのちょい南無そのものになります。


次回(2019年予定)の和歌山ちょい南無は「もうちょい!南無(予定)」となり、
もう少しヒストリカル寄りの内容になると思います。


他の場所でのスピンオフイベントなどでの出展も「ちょい南無」の名前で
行います。別会場でも現場に居るのはだいたいいつものメンバーです!





COMMENT: (0) CATEGORY: イベント案内




PAGE TOP